読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Global Greens 2017 in Liverpool 日本派遣団ブログ

第四回Global Greens Congress in Liverpool 日本派遣団のブログです。

Global Greens Congress 2017 in Liverpool日本派遣団ブログ

放射能からの避難の権利を求める提案に20か国以上の仲間が賛同

核の分科会をきっかけに緑の党グリーンズジャパン提案の「放射能被害の影響から逃れる人の権利を求める緊急決議」に20か国以上の参加者からの署名が集まりました。
スウェーデンキルギスタンイラク、台湾、韓国、フィジー、USA、イギリス、メキシコ…などなどです。
 

f:id:greens-japan-apgf2015:20170404140125j:plain

 過剰な放射能汚染の影響を受ける人々を保護するための緊急の呼びかけ(暫定訳)
緑の党グリーンズジャパン


福島で最悪の原発事故が起きてから6年経過しましたが、10万人以上の人々が依然として故郷から避難しています。逃げることを余儀なくされた人々もおり、自己判断で避難した人々もいます。日本政府が設定した避難区域は非常に小さいので、その限定された区域外にいる多くの人々が自身の安全のために故郷を離れ、日本全域さらには世界中に散っています。

リバプールでのグローバルグリーンズ2017で「核(原子力)に頼らない平和と安全」のセッションを私たちが開催している同じ日に、日本政府は避難制限の一部を解除し、依然として高濃度で汚染されている地域に住民を戻し、自己避難住民への補助金を打ち切りました。私たちのセッションの中で、福島からマンチェスターへ避難した園田光子さんの心の痛む証言は大きな衝撃を与えました。

避難した人々は、外的な要因によって、故郷、地域社会、雇用、そして多くの場合、家族、健康などを失いました。言うまでもなく、これらは生活の基礎となるものです。その意味では、彼らは、国際法に基づいて国内または国外の避難民として認定されるべきであり、彼らの権利は政府によって保護されるべきです。

これは、福島だけの問題ではなく、人間の過度な経済活動や人権軽視に起因する核物質の不必要な人工的な拡散による放射能汚染に苦しむ世界中のすべての人々の問題でもあります。オーストラリアのカカドゥに数世代にわたって住んでいた先住民族は、ウラン鉱山の開発によって、彼らの先住地で深刻な放射能汚染に直面しています。ベニンの人々は、ニジェールから日本へのウラン輸送による放射能漏れを危惧しています。ポルトガルとスペインの人々は、廃止されずに運転継続の更新ライセンスを付与されたスペインの原子力発電所からの放射能を恐れています。

このセッションの参加者は、世界各国の政府に対し、生存権基本的人権であるとする国連人権宣言を全面的に尊重するよう促しました。これは、生命を脅かす化学物質の汚染だけでなく、個人の健康や生命を脅かす放射性汚染によっても明らかに損なわれています。確かにすべての人々は放射能汚染から解放される権利を持っています。
 
Urgent call for protecting people affected exceeded radioactive contamination
Greens Japan
 
   After 6 years since one of the worst nuclear disasters in Fukushima, more than 100,000 people are still displaced from their homeland. Some were forced to flee and the others have moved by their own decision. The evacuation area set by Japanese government is so small that so many people outside of the restricted area had nevertheless to move away from home for their own safety, and spread all over Japan – and even the world.
   On the same day that we are having the session on Nuclear and Security without Nuclear Power in Global Greens 2017 in Liverpool, Japanese government lifted a part of restricted area to let the people return to their homeland which is still highly contaminated and cut the subsidies to self-evacuated people. The heart aching testimony of Ms. Mitsuko Sonoda in our session who has evacuated from Fukushima to Manchester had a huge impact.
   Displaced people lost their homeland, communities, jobs, and in many cases, families, health, and so on by external factors. Needless to say, these are the fundamentals of life. In that sense, they should be defined as internal /external displaced people in the context of international law and their rights should be protected by the government.
   This is not only the problem of Fukushima, but also all of the world who are suffering from the contamination of radioactivity by unnecessary artificial diffusion of nuclear materials which was caused by excessive human economic activities and disrespect for human rights. Aboriginal people who have lived in Cacadu in Australia for generations have been facing severe radioactive contamination in their native land by exploitation of uranium mines. People in Benin are afraid of radioactive leaking by uranium transportation from Niger to Japan. In Portugal and Spain people fear for radioactivity coming from old Spanish nuclear power plants that have been granted renewed licenses to continue operating instead of being decommissioned.
   The attendees of this session urged governments all over the world to fully respect the UN Declaration of Human Rights whereby the right to life is a fundamental human right. This is clearly compromised not only by life threatening chemical contamination, but also by radioactive contamination which threatens the health or life of individuals. Surely all humans have the right to be free from radioactive contamination.