読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Global Greens 2017 in Liverpool 日本派遣団ブログ

第四回Global Greens Congress in Liverpool 日本派遣団のブログです。

Global Greens Congress 2017 in Liverpool日本派遣団ブログ

最終日 香川県高松市議 太田あゆみさんの報告

4/2 朝から鼻水が止まらず。花粉症なのか鼻炎なのか…。少し遅れて会場に向かうと、リバプールマラソン大会とバッティング。なかなか道路が渡れず、持続可能な未来のための行動変化の分科会には20分ほど遅れて入った。

オーストラリアのアマンダ博士は認定精神保健士。精神保健の観点から見た持続可能社会という、ユニークな分科会である。

 

いま、国を問わず人間は過剰行動主義、経済至上主義になっている。社会的な問題を解決するよりも、自分の生活第一!なひとがあまりに多い。けれど、人間は、変わることができる。健康、福祉、教育、動物、食、様々な観点はあるが、まず小さな一歩を踏み出すことが、わたしたちにはできる。例えば、薬は控える、添加物は避ける、など生活のなかの小さなことを変えていくことで、社会を変えていくことができる。

会場からは、ほかに社会を変える方法として、「テレビや携帯がなくても楽しいという教育」「選挙で選ばれた人にお任せにしない」「メッセージ性インパクトのあるTシャツを着て外を歩く!」「1日10人と話す。1年で3650人に伝えられる」などの意見が。

 

アマンダ博士が一貫しておっしゃっていたのは、常にポジティブに。~してはいけない、ではなく、~しようよ!という言葉を使いましょう、ということ。

これは生活全般において置き換えることができると思う。子育ても、人間関係も、政治も。

 

4日間の大会を通じて、英語が聞き取れない、喋れないなりに、必死にコミュニケーションを取ろうと試みた。うまく通じないこともあったが、それでも、世界で活躍する緑の仲間と出会い、語り、想いを分かち合えたことは、今後の活動、今後の人生にとって貴重な財産となった。

 

この大会で出会ったすべての方々にお礼を伝えたい。(太田あゆみ)

 

写真は会場に貼られた「女性政治家を力強くする」活動案のボード

 

f:id:greens-japan-apgf2015:20170402230339j:plain